永久脱毛で無駄毛知らずのピカピカお肌に!

永久脱毛で無駄毛知らずのピカピカお肌に!

そもそも永久脱毛とは?

脱毛レディー

そもそも永久に脱毛するの定義とはなんなのか。一般的に一生ムダ毛が生えてこないという認識があります。実はそういうことじゃないんです。定義として脱毛の終了から一ヶ月後の時点での毛の再生率が20%以下の場合永久脱毛と認識されてます。無毛状態を表す言葉ではないということです。逆に20%以上の場合だと永久脱毛という定義になりますね。最近の脱毛方式はレーザーや光脱毛です。もちろん電気脱毛にしかないメリットもありますが痛みが強くとても時間がかかるので医療機関では医療用のレーザー脱毛、エステでは光脱毛が主流になっています。処理が完了してから1年後に再生率が20%以下の話を先ほどしましたがこれはあくまで電気脱毛によるものです。永久脱毛と脱毛サロンの関係というのは実は脱毛サロンの中で永久脱毛という言葉が使えないのです。というのも昭和59年に厚生労働省が医療行為ということもあり医師以外の物が行った場合は医師法違反となるからです。つまりこの言葉が使えるのは医療機関だけということになります。最後になりますが痛いけど確実なニードル脱毛がおすすめです。まず永久脱毛とはいえないですが光やレーザーを当てて毛根に与えることによってムダ毛を生えさせなくするほうほうです。また1回で完璧に生えてこないというわけじゃないので根気よく脱毛をしていけば生えてこなくなります。これは光やレーザーを使った脱毛法が一般的でしたが以前はニードル脱毛が主流です。光脱毛の部位別サロンランキングはこちら⇒脱毛部位別ランキング【脱毛Beginner】

脱毛ができる年齢は何歳から

親子

永久脱毛には年齢制限があるって聞いたことありますか。さすがに小学生からするっていうことはあまりないと思いますが。では何歳から何歳までの間だったら永久脱毛をすることができるのでしょうか。年齢が中学生から高校生の時期というのはまだまだホルモンバランスが不安定な状態でお肌もカラダも非常に繊細な状態になっているのです。生理前後や体調不良の時、疲れているときなどを避けて脱毛をすること。そういった基本事項を守り、できれば最初のうりだけでもお母さんの監督をもとに脱毛グッズから使用させるといいでしょう。一方エステや美容クリニックなどで行われる場合は生理が開始してから約5年経過してホルモンバランスが安定してからがベストだといえます。ではなぜ自己処理による脱毛は中学生でもOKなのに、エステや美容クリニックの場合大人になってからじゃないとダメなのか。それはホルモンバランスが安定していない時期に永久脱毛を受けても、また再び生えてきてしまうからです。永久脱毛をしている関係でまたさらに生えてきてしまっては困りますよね。だからこそ年齢制限があると考えられます。まだまだ小さいお子様では年齢制限となり、コンプレックスを抱えてしまっている子供いらっしゃる中、精神面の発達において非常に深刻な問題であるともいえますね。そういった場合は永久脱毛ではなくまずは精神面の不安を取り除いてあげることが必要です。例えばお風呂に入って軽石や産毛取りタオルなどで気になる部分の体毛を軽くこすってあげると効果的なんです。

永久脱毛にもデメリットがある

永久脱毛はメリットばかりじゃなくデメリットもあります。ではどんなデメリットがあるのか調べてみましょう。例えば永久脱毛で脇を全部綺麗にします。すると毛穴からすっきりしてさっぱりしますよね。そうなってくるともし脇汗をかいたらどうなるのか。毛穴がない状態なので汗が出やすくなってくると思います。つまり永久脱毛をしたことによって脇汗が今まで以上に出てくるということが理解できますね。しかしこれはデメリットでもありますが誰もがみんなそうなってくると思います。比較的、確率は高いようですね。しかしこの脱毛と脇汗の因果関係が未だにわかっていないみたいです。もしかしたら腺が刺激されてしまって出やすくなってきてしまうことも考えられますよね。今まで以上に脇汗が出てきてしまっては困るという女性の悩みにもし対応するのであれば薬局で売っている脇汗パッドなどを使用するといいでしょう。もし匂い等まで気になるようでしたらデオドラントでしっかりとニオイを消してしまえばそう気にすることもないと思います。女性らしく女性でいたいというのは大変ですね。何かを得るためには何かを失うというのはこういうことをいうのではないでしょうか。ただこれから夏に向けて暑くなってきますので多汗症の方や、脱毛で汗が出てくるようになってきたという人にはしっかりとケアをしてもらいたいです。そして夏を満喫し、楽しく過ごしていただきたいですね。あまりはしゃぎすぎてハメを外しすぎないように気をつけてください。